福祉介護サービス

 
あなた自身、又は、あなたのご家族が、自立した生活をするのが困難になった場合に、どのような福祉サービスがあるのか またそのサービスを受ける方法をできる限り明確にし、最適なサービスを受けることができるようにしてください。
 
 
どのような種類のサービスがあり、そのサービスはどのような方に対してのサービスなのか、簡単な図を以下に掲載します。
 

 

サービスを分類すると大きく入所するタイプ通所するタイプに分かれます。

 
 

1.施設に入所してサービスを受けるもの

  対象者の状況・条件 入所可能な施設名称 その他
 

  • 65歳以上の者であって、身体上または精神上著しい障害があるため常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受けることが困難な者を受け入れて介護することを目的とする施設です。
特別養護老人ホーム
 
行政措置で入所可能か判断
 

  • 65歳以上の者であって、身体上もしくは精神上又は環境上の理由及び経済的理由により居宅において養護を受けることが困難な者を受け入れて、養護することを目的とする施設です。
養護老人ホーム
 
行政措置で入所可能か判断
 

  • 60歳以上の者で家庭環境、住宅事情などの理由により居宅において生活することが困難なものが定額な料金で利用し、健康で明るい生活を送ることを目的とする施設です。(食事サービス付き)
軽費老人ホーム(A型)
 
 
 

  • 60歳以上の者で家庭環境、住宅事情などの理由により居宅において生活することが困難なものが定額な料金で利用し、健康で明るい生活を送ることを目的とする施設です。(自炊が原則)
軽費老人ホーム(B型)
 
 
 

  • 60歳以上で身体機能の低下などが認められ、又は高齢などのため、独立して生活するには不安が認められる者で、家族による援助を受けることが困難なものが定額な料金で利用する施設です。

 

ケアハウス
(軽費老人ホーム(C型))
 
 
       

 

 

2.施設に通所してサービスを受けるもの

  サービスの種類 内容 施設
 

  • 通所リハビリテーションサービス(デイケア)


     

医療系施設に通って日常生活の自立支援のための機能訓練、心身機能の維持・回復/日常生活の自立支援のための理学療法、作業療法
 
病院/診療所/老人保健施設
※施設に1名以上の医師が勤務していることが条件となります。
 
 

  • 通所介護サービス(デイサービス)
入浴・食事の提供/日常生活の世話や機能訓練
 
 
       
 

サービスを決定して受けるまでの流れ

1. 本人または家族等が市町村役場に要介護認定の申請を行う。
2. 市町村の職員や市町村から委託を受けた居宅介護支援事業者等の介護支援専門員(ケアマネジャー)が家庭訪問し、日常の生活動作等を調査する。
3. 訪問調査の結果とかかりつけの医師の意見書をもとに「介護認定審査会」で要介護度を審査・判定する。
4. 自立、または要支援・要介護1〜5の6段階に分けて要介護度を認定。
5. 申請日より30日以内に、認定の結果が文書で通知されます。
   
 
以上のような状況を十分理解しておいてから、各区役所に相談するのが良いようです。ここに掲載した以外にもいろいろなサービスがあります。